壮大で、前例のない挑戦。 ミッションへの深い共感が成功の鍵を握る。【はたらく未来図構想/後編】

グループビジョンから生まれた新たな事業戦略「はたらく未来図構想」。その実現に向けてスタート地点に立った今、どんな課題と希望を抱えているのか。構想の進む先について、旗振り役を担うパーソルキャリア執行役員・村澤に話を聞いた。


村澤 典知 (むらさわ のりとも)

執行役員 経営戦略本部長 兼 MIRAIZ構想本部長


大手自動車メーカー、外資戦略コンサルティング会社を経て、2018年パーソルキャリア入社。プロダクト&マーケティング本部長などを務めたのち、現職。パーソルホールディングス株式会社と連携しながら、グループビジョンの実現とミッションの推進を加速させる「はたらく未来図構想」の構築を担当。

社外との連携、金融や健康にまで及ぶ支援。すべてはお客さま視点へのこだわり。

「はたらく未来図構想」の実現。そこに向けた最重要課題がポテンシャリング事業への進化。その成否を左右する事業やサービスは、決して自社内での完結を目指さないという。果たして、その理由とは。

-ポテンシャリング事業へと進化していくために、マッチング以外のサービスも展開していくということでしたが、それは自社内でサービス開発するということでしょうか?

村澤 もちろん、私たちの強みが活かせる領域なら、新しいサービスを立ち上げたり、既存サービスを構想に紐づけたりしていき、真っ先に取り組むべきです。ただし、あまりにも私たちの知見が活かせない領域や、他社の力を借りたほうがいい領域については、連携というかたちがいいのではないかとも思っています。

-社内で完結させるのではなく、社外の力も借りるという選択の裏にはどんな想いがあるのでしょうか?

村澤 お客さま本位でありたいということです。利益率や自社サービスの成長ということだけ考えれば、社内ないしグループ内でプラットフォームをつくるという選択肢もアリだと思います。ただ、よりお客さまがはたらいて笑うためにという視点で考えたら、それぞれの領域で一番のサービスを受けられたほうがいいじゃないですか。

-確かに。


村澤 構想の実現のためには、先ほどの「はたらく」×「学ぶ」に加えて、それ以外にももっと広い領域をカバーできるサービスが必要だと考えています。理想の「はたらく」を実現させるにはスキルアップだけでなく、金銭面や健康面、育児への不安などを払拭していくことが大切ではないでしょうか。

-「はたらく」ことと「生きる」ことは、大きく影響し合っていますからね。金融やヘルスケア、家事や育児まで「はたらく」を軸として支援すると。

村澤 将来的には、そう考えています。ここまで広い領域をカバーするためには、社外のパートナーと協働が必要です。

 一つひとつのサービスだけでなく、構想全体で顧客体験の流れをどうつくるか。

ビジョンへの深い共感。個性豊かな社員全員に共通するこの考えが、構想の推進においても大きな役割を果たしている。「はたらいて、笑おう。」を目指すことで、サービス立ち上げも磨き込みも、自然と同じ方向性に向かって動きだしていく。

-社外との連携、広範な支援領域、点から線の価値提供へ。考えることがかなり多いと思いますが、特に難しい部分はありますか?

村澤 前例のない新しい挑戦なので、すべてが難しいですね(笑)。例を挙げるなら、いかに定期的かつ継続的な接点を持つかという部分でしょうか。日々学べるサービスや気づきが得られるサービスを用意しても、使ってもらえなければ意味がないですよね。1回、2回使って終わりでもダメで、月一程度で定期的に訪れてもらいたい。そのためにどうしていくかを必死で考えています。


-どのような工夫をしているのでしょうか。
 
村澤 今まさに設計中ですが、どんなサービスをそろえるかだけではなくて、各サービスのコンテンツやアウトプットをどうするのが一番理想的なのかというところまで、突き詰めて考えています。サービスごとではなく、構想全体で顧客体験の流れをどうつくっていくかというところも大切ですね。

-構想を推進していくにあたって、対お客さまではなく対社内の観点で苦労している部分はありますか?

村澤 社内の巻き込みに関しては比較的スムーズです。そこはありがたいと感じています。もともと私たちは、ミッションやビジョンへのコミットメントが深い社員が集まっています。そこへの共感が入社理由になっている人も多くいるぐらいですから。

-そういう社員が多い印象です。

村澤 最初にお話ししたように、「はたらく未来図構想」自体がグループビジョンの実現のために、というところから始まっているので、社員も共感しやすい。あとは構想とミッション、ビジョンがどう紐づいているのかを示して、その実現のために必要なことを数値化してクリアにすれば、自然と前に進んでいくという感覚があります。

この構想を実現するためにいるのだ、というぐらいの心構えで。

むやみに手をつけるのではなく、ていねいに優先順位をつけた上で選択と集中を徹底する。壮大な構想に本気で向き合える理由も、新しい事業やサービスを次々と生み出せる理由も、ここにある。

-これからの「はたらく未来図構想」の展望を教えてください。

村澤 まだ構想を発表しただけなので、すべてがこれからです。まずは優先順位づけをしっかりと行って、柱となるサービスをきちんと確立させていくことに集中したいと思っています。先ほどお話しした構想全体の顧客体験や、その流れをきちんと設計した上で、どの価値をまず磨き込んでいくのかという見極めをしっかりとしていきたいですね。

-確かにこれだけ壮大な構想だと、すべてを同時並行で進めていくのは難しそうですね。

村澤 一通りのサービスをそろえて構想の基礎はつくれても、どのサービスもお客さまに刺さりませんでした、では意味がないですからね。ただ、この失敗って陥りがちですよね。この構想に限らず、いろいろなことを一気に進めすぎて、すべてが中途半端になることって誰しも一度は経験するのではないでしょうか。

-恥ずかしながら、私もあります……。

村澤 私もです(笑)。しかし、そうならないためにも「選択と集中を念頭に、何からどう手をつけて、次は何を行う」というきちんとした道筋をしっかりと描いて、一歩ずつ進めていきたいと考えています。

-その一歩を積み重ねていった先に「はたらく未来図構想」の実現、ひいてははたらいて笑う社会があると。

村澤 そう信じています。そのために私やパーソルキャリアがあるのだ、といえるぐらいの心構えで、この構想をかたちにしてみせたいと思っています。