お客さまの声にどこまで向き合えるか。 それがサービスを磨き、自分自身をも磨いていく。【「FLEXSHION」立ち上げストーリー/後編】

お客さまの声にどこまで向き合えるか。 それがサービスを磨き、自分自身をも磨いていく。【「FLEXSHION」立ち上げストーリー/後編】

2021.03.03 PROJECT

宮内と佐々木の尽力でローンチへとこぎ着けた新サービス「FLEXSHION」。アパレル・ファッション業界特化の業務委託マッチングという新しい領域で、今後サービスが成長し、さらに大きな価値を生み出していくためには。サービスの展望について、2人に話を聞いた。


宮内 裕多 (みやうち ゆうた/写真左)

2018年 新卒入社
教育実習を行う中で、学校教育以外の形でも人の成長に携わりたいと思い、2018年に新卒入社。配属後わずか1カ月で新規事業「FLEXSHION」の立ち上げに参画し、事業化から現在の運営に至るまで中心メンバーとして活躍。

佐々木 純 (ささき じゅん/写真右)

2013年 新卒入社
パーソルキャリア株式会社 クリーデンス RA第1グループ
社長をはじめとする、社員の事業への熱い想いに惹かれて2013年に新卒入社。宮内のブラザーとして育成を担当し、宮内とともに「FLEXSHION」の事業化に参画。

前編はこちら

“大変だから”であきらめたら、誰も救えない。

アパレル・ファッション業界に求められている新しいサービスとは何か。宮内の学生時代のアルバイト経験をヒントに、業務委託領域というフィールドに目をつけた2人。しかし、事業化はそこからも苦難の連続だったという。

宮内 そこからが苦難の始まりでしたね(笑)。特に私は、まだ入社したてですから、何も分からないわけです。委託する会社側は、なぜ今まで業務委託を利用していなかったのか。どうすれば利用しやすくなるのか。親和性が高いのはどんな会社か。委託される側の利用者に関しても、潜在的な労働力がどのくらいいて、それぞれどんなライフスタイルでどんなスキルを持っているのか。すべてをゼロから調べました。

佐々木 幸いなことに、既存の人材紹介事業で、クライアントにもユーザーにもコネクションはたくさんあったので、ひたすら聞きまくりました。多分500人近く聞いたんじゃないですかね。

宮内 しかも、既存事業の営業活動もしながらです。まだ事業化していないので、新規事業立ち上げは兼務扱いだったんです。紹介営業としてきちんと成績を上げながら、なんとか時間をやりくりしてヒアリングを重ねました。それらの両立や、先の見えない不安、自分の知見のなさなど、さまざまな負荷がいっぺんに襲ってきて、この時期が一番しんどかったですね。

佐々木 確かに、負荷はかなり高かったですが、その一方で得るものが多かったのもこの時期です。事業をつくるためにはリサーチもそうですが、それを社内外に説明する提案力や、黒字化するための収支見立て、サービスの細部にまで至る設計、実装などが必要です。あらゆるスキルが身につき、成長している実感が得られたのは大きかったです。

宮内 当初は、パワーポイントすら満足に使いこなせるかどうかも怪しいレベルでした。サイトの構成を組むソフトも会社から支給されましたが、ちんぷんかんぷん。ITリテラシーも含めて、社会人としての基礎力が一気に成長した感覚はありましたね。

佐々木 私にとっては、経営者の目線で考えられるようになったのが、一番の収穫でした。事業化が見えてきたタイミングで投資家の方々に事業計画書を見せる機会があったのですが、そこでのフィードバックがまた辛辣で(笑)。ただ、厳しい言葉だけでなく、どうすれば成功するか一緒に考えていただけて、その視座の高さはとても刺激になりました。新規事業に携わったからこそ得られた経験だと思います。

宮内 私は成長の実感に加えて、困っているアパレル・ファッション業界の方々を救いたいという想いにも支えられていましたね。アルバイト時代に、実際に疲弊しながら労働している人たちをたくさん見てきましたから、“大変だから”といって投げ出したら彼らを見捨てることになるんだ、と。それは絶対に嫌でした。

何よりもお客さまの声を大切に、アパレル・ファッションで「はたらいて笑う」ことができる業界へ。

なんとかサービスは無事ローンチした。お客さまからも、想定以上の反応をいただけたという。しかし、道はまだ半ば。さらなるサービスの成長を見据えて、2人が目指す姿や抱えている想いとは。

宮内 ローンチまでもそうでしたが、お客さまの声を何よりも大切にするという姿勢だけは、変えずにいたいですね。右も左も分からない中で、指針となるのがお客さまの声しかなかったんです。

佐々木 事業化までに、いろいろなフィードバックをいただきました。アパレル・ファッション業界特化で、フリーランスのみという市場規模の小ささで収益化できるのかという反応は特に多かったですね。でも、本当に困っている人はここにいるんだ、企業のニーズはここにあるんだ、という信念を貫いてきました。500人にも上るヒアリングをしてきたからこそ、絶対にここは間違っていないという自信がありました。

宮内 何よりもお客さまの声を大切にした結果、ありがたいことに想定以上のペースで登録をいただきました。ただ、伸び率が高すぎて、企業側からの求人案件が追いついていない部分があります。現状、個人のお客さまからいただく声で一番多いのも「もっとこんな案件がないか」というもの。そこを伸ばしていきたいというのが直近の目標ですね。

佐々木 企業側の登録も増やしつつ、長期的には領域を広げていきたいと考えています。今は、デザイナーやパタンナーの募集が中心ですが、IT人材もニーズが高い。オンラインでの販売や、データ活用の観点でITスキルに長けた人材を求めている一方、各社での取り合いとなっていて採用ハードルは高い。だからこそ、業務委託という形で企業間で人材をシェアできれば、業界への貢献につながるはずです。

宮内 あとは、販売員のマッチングにも進出したいですね。アパレル・ファッション業界で最も人数が多いのが販売領域。一番困っている人が多いのも販売職のはずです。そこにアプローチすることで、より多くの人たちが「はたらく」を自分で選択できる社会を実現して、アパレル・ファッションで「はたらいて笑う」ことができる業界にする。それが「FLEXSHION」の使命だと信じています。

この記事をシェア