自己成長を最大化させるゼミの選び方


大学生が自己成長するにあたって欠かせないのが「ゼミ」です。自分がどのゼミに入るかで、大学生活での成長度合いが大きく変化するため「ゼミの選び方」はとても重要になります。

そこで今回は、自己成長を最大化させるゼミの選び方についてまとめてみました。これからどんなゼミを探そうかと悩んでいる人や、大学で大きく成長したいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

ゼミ選びで失敗しないためには

ゼミは大学生活にとって重要なイベントであり、間違ったゼミ選びをすると後々後悔することになってしまいます。そのため、適当に選ぶのではなく、自身に合ったものを選択できるようにポイントを押さえておきましょう。ゼミ選びを成功させるためのポイントは、以下の3つです。

ゼミに入る理由を明確化する

1つ目はゼミに入る理由を明確化することです。ゼミによっては、学びたいことを学べない、身につけたい能力を身につけられない可能性があります。ですから、ゼミ選びの際には、事前に「自分がどんな能力をゼミで伸ばしたいか」をしっかりと認識しておくことが大切です。

専門的な学問知識を身につけるため

通常の講義より専門的な知識を身につけることができるのがゼミの特徴です。ゼミでは、1年~2年で学ぶ教養科目よりも深く踏み込んだテーマを研究します。多角的な視点からテーマを深掘りするため、ゼミに入れば、専門性の高い分野について知識を深めることができます。ゼミで身につけた専門的な知識は、社会に出ても大きな武器となり得るので、他の人と差をつけることにもつながるでしょう。

専攻する業界の知識を身につけるため

ゼミでは、特定の分野に絞って研究するため、その分野の業界についても深く学べます。フィールドワークや学会では、その業界について学ぶほかの学生や、業界の第一人者と接することもあり、業界知識を身につける上でとても有効です。

グループワーク・ディスカッション力を身につけるため

ゼミの講義は一人で受けるものではありません。ゼミを受けているメンバーと一緒に議論を深めるために、グループワークやディスカッションが頻繁に行われます。そのため、ゼミでほかの学生と研究を進めていくことで、グループワーク・ディスカッション力を身につけることができます。ゼミで培った「自分の意見を相手に伝える」「相手の意見をきちんと聞く」などの基本的な能力は就活で役立ち、社会人になってからも大きな武器となります。

プレゼン力を身につけるため

ゼミでは、教授に対して研究結果を発表する機会があります。いわば、プレゼンです。発表を成功させるためにはどうしたらいいのかと、考える機会が増えるでしょう。「相手に理解してもらうためには、どんな手順で話せばいいのか」「ていねいかつ分かりやすく伝えるには何が重要か」といったことを普段から考え、実行していく中で必然的にプレゼン力が向上していきます。

情熱を持てるテーマが学べるゼミを選ぶ

ゼミの講義内容は多種多様です。座学や文献調査をメインとしたゼミもあれば、実地へ赴いてのフィールドワークがメインのゼミもあります。そんな中で、自己成長を最大化させるためには、自分がどんなテーマなら情熱を持てるかを把握しておくことが重要です。情熱がないと、どんなゼミに入っても自己成長は望めません。

最悪の場合、興味が湧かずにゼミを辞めてしまう可能性もあります。まずは、自分が何に対して情熱を持てるのか「自己分析」を行うことが大切です。そして、その情熱を持てるテーマに沿ったゼミを選びましょう。

ゼミの情報収集を怠らない

ゼミでは、教授の専門分野を軸に、研究やディスカッションを行っていきます。しかし、事前の下調べが足りなかったばかりに、思っていたものとは異なるまったく興味のないテーマを研究することになってしまったという話をよく聞きます。そうならないためにも、ゼミの情報収集は怠らないこと。研究のテーマはもちろん、講義を行う教授についても情報を収集しておきましょう。ゼミの先輩から話を聞いたり、シラバスをしっかりと確認したりすれば、大きくズレることはありません。心配なら事前に教授と面談しておくことでミスマッチを防ぐことができます。

自己成長を最大化させるためには

ゼミで大きく自己成長するためには、所属するゼミを決めてからが本番です。一方的に教授の講義を聞くスタイルではなく、メンバーと議論を交わし、教授や外部の人間に発表する機会も増えていくため、どれだけ自発的に行動できたかが成否を分けることになります。最大限の成長ができるような立ち回りのために、意識しておくべきポイントを解説していきます。

先輩・教授をフル活用する

ゼミは大学3年生から参加することが多く、学部なら卒論を提出するまで、卒業が確定するまで在籍することになります。また、理系の場合は大学院生になってからも同じゼミに所属したままといったケースもあります。

つまり、同じゼミには自身がこれから遭遇すると予測できる課題を乗り越えた先輩が多数在籍しているということになります。大きな壁にぶつかってしまったときや、研究をスムーズに進める上でも、先輩はきっと助けになってくれるでしょう。もちろん、何でも助けを求めるのではなく、まずは自身でチャレンジすることを忘れずに。

また、教授はゼミで扱っているテーマの専門家です。必要なタイミングで適宜アドバイスを求めて、その豊富な知識・知見を参考にしましょう。先輩に比べてカジュアルにコミュニケーションをとることはなかなか難しいですが、心強い存在になってくれるのは間違いありません。

学会や企業コンテストに出場する

ゼミに参加していると、学会や企業コンテストに出場する機会が多くあります。日ごろの研究成果を外部に発表することで得られる経験値はとても大きく、気づけなかった強みや反省点を見つけられるため、自己成長のきっかけにもなります。

また、企業コンテストの場合、コンテストをきっかけに気になる企業と出合える可能性もあります。自身の研究テーマについて企業側が興味を持ってくれたり、もしかすると共同研究の機会が得られたりするかもしれません。そのまま就職につながったという話も多々あるため、積極的に参加していくのがおすすめです。

役職に就く

役職に就くというのもおすすめの方法です。ゼミ長、副ゼミ長などの役職者は、教授から求められることも多いため、責任感やリーダーシップを身につけるきっかけとなります。また、役職に就けば、就活の際のアピールポイントを増やすことにもつながります。面接時に話せるエピソードが増え、自ら責任感のある立場を選んだという点は好印象となりやすいようです。将来の自分への投資だと思い、ぜひ立候補しておきましょう。

入りたいゼミがなかったときの対策

これまで紹介したポイントをしっかりと押さえておけば、自分に合ったゼミを見つけて、有益なゼミライフを送れるはずです。しかし「入りたいゼミがない」という場合もあり得ます。例えば研究したいテーマを専攻できるゼミがない」というケースですが、そういったときの対策について紹介していきます。

近いジャンルのゼミを探す

ゼミで専攻できるテーマはさまざまですが、自分の研究したいジャンルと完全には一致しておらず、しっくりこないといったこともあるでしょう。

ゼミには軸となる専攻テーマがありますが、そのテーマの周辺についてもカバーしており、ややジャンル違いでも研究できることが多いようです。もし心配であれば教授と直接面談し、自身の研究テーマを専攻できるか相談してみましょう。

他大学のゼミを探してみる

場合によっては、教授の許可を得ることで、他大学のゼミを受講できる可能性があります。ただし、他大学のゼミの場合「単位が認定されない」「所属実績としてカウントされない」などリスクがあります。どうしても所属してみたいゼミがあるということでなければ、他大学のゼミを受講するのは、最終手段として考えましょう。

ゼミではなく、他の手段で自己成長を目指す

大学によっては、ゼミが必修ではない場合もあります。また、ゼミに入っても自己成長を見込めない場合もあります。その際にはゼミに入るのではなく「他の手段で自己成長」を目指すことも一つの手段です。

留学を経験する

留学は、一回りも二回りも自身を大きくしてくれます。留学先ではすべてのことが未知の体験になります。言語が通じない相手や文化の違いの中で日々を過ごすことで、環境に適用しようと自身が成長していきます。

資格勉強に専念する

公認会計士などの難関資格の勉強に専念する、というのも一つの方法です。ゼミは専門的な学問を修める目的で参加するため、専門的な学問について掘り下げて勉強することになる資格勉強でも同様の、知識の深まりが期待できます。

まとめ

今回は、自己成長を最大化させるゼミの選び方について紹介しました。ゼミに捧げた熱意と経験、ゼミで得た知識、そしてゼミで培ったリサーチ能力、コミュニケーション能力、プレゼン能力などは社会人になっても、大きな武器になることは間違いありません。有益な自己成長を目指し、ゼミを選びましょう。

後悔をしないキャリアを歩みたいすべての大学生へ

『HATARACTION!メンバーシップ』では、10年後多くの選択肢をもつビジネスパーソンになるために、自己成長や就活についての知識や機会を提供しています!

  • 社会のトレンドやビジネスに対する理解が深まる
  • 楽しいだけではなく、学びのある大学生活にするための具体的方法がわかる
  • キャリア選択に関するノウハウを提供するので、将来はたらくことへの不安が解決する