ゼミへの応募

一般常識は就活や大学生活でどれくらい必要?テスト対策や勉強の仕方も解説


一般常識は、私たちが社会生活を送るために欠かせない基礎教養です。これには、日常生活で必要とされる知識や社会人として持つべきマナー、さらには就職活動や学業で求められる専門知識までが含まれます。特に就職活動では、企業が求める一般常識が「高校卒業までに学ぶ知識」とされ、応募者の教養レベルを判断する際の重要な指標となります。本記事では、そんな一般常識について解説していきます。

一般常識とは?

一般社会における基礎教養のこと

一般常識とは、広義では私たちが生活する上で必要とされる基本的な知識や教養のことを指します。これには、文学、歴史、政治、経済など、幅広い分野が含まれます。社会人として最低限知っておくべき事柄を広くカバーしているため、日常生活や社会生活をスムーズに送るための基盤となります。

就活においては「高校までに学ぶ知識」を指す

就活においては、企業が求める一般常識は「高校卒業までに学ぶ知識」とされることが一般的です。これは、応募者が持つ基本的な学力や教養レベルを測るための指標となります。一般常識を持っていることは「社会人としての基礎力がある」ことを意味するため、企業は一般的な知識を持つ応募者を好む傾向にあります。

一般常識の出題範囲

就職活動で必要とされる一般常識は、かなり幅広い範囲を指します。例えば、文学や歴史の知識だけでなく、最新の時事問題に関する理解も含まれます。

国語

一般常識の出題範囲として、まず国語が挙げられます。国語の知識は、就職活動や大学生活、さらには日常生活においても基本となるスキルです。この範囲には、文学、漢字、熟語、慣用句などが含まれます。それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

文学

文学に関しては、古典から現代文学まで幅広い知識が求められます。日本文学の名作や著名な作家についての基本的な知識はもちろん、その作品が持つ文化的・歴史的背景についても理解しておくことが大切です。

漢字

次に漢字ですが、これは日本語の読み書きに直接関わる重要なスキルです。特に就職活動では、ビジネス文書やメールのやり取りで正確な漢字を使用する能力が求められます。一般的には漢検2級レベルがあれば十分と言われています。

熟語

熟語とは、漢字二文字以上で構成される語句のことを指します。熟語を理解し、適切に使いこなすことは、精密な表現力を身につける上で非常に重要です。

慣用句

慣用句は特定の意味を持つ言葉の組み合わせで、日本語の表現力を豊かにします。慣用句を適切に使いこなすことは、言葉のニュアンスを理解し、相手に意図を正確に伝える際に役立ちます。

数学

数学は、論理的思考や問題解決能力を養う上で欠かせない科目であり、就職活動はもちろん、大学生活や日常生活においてもその能力が求められます。理系学生だけではなく、文系学生でも就職活動の際は一定レベルの数学問題を解けることが望ましいとされています。

英語

「世界共通言語」とも言われている英語は、国際的なコミュニケーションをする上で基本となります。就職活動では、大学卒業レベルの英語力が求められることが多く、一般常識試験以外でもSPIなどのWebテストで必須級科目となっています。

社会

社会科目には、政治経済、法律、国際社会・文化、日本史・世界史、哲学・倫理などが含まれます。これらの分野についての理解は、私たちが生きる社会の仕組みや背景を知り、社会活動をする上で必要とされます。

政治経済

政治経済の知識は、国や世界の現在の状況を理解し、将来の動向を予測する上で重要です。またこれらの知識があることで、私たちの生活に直接影響を与える政策や経済活動について理解することができます。

法律

基本的な法律知識があると、日常生活で直面するさまざまな問題に対処する際に役立ちます。また、正しい権利の主張や適切な行動を取るための基礎となります。社会人になると契約書をベースとした取引が基本となるため、この点でも基礎的な法律知識は必須と言えるでしょう。

国際社会・文化

国際社会・文化についての知識は、グローバル化が進む現代において特に重要です。異文化理解や国際関係に関する知識は、国際的なビジネスや交流の場で必要とされます。また、国際問題やニュースはマーケットの変動などビジネスに直接影響することも多いため重要な科目となっています。

日本史・世界史

日本史・世界史の知識は、過去の出来事が現在にどのように影響を与えているかを理解するために不可欠です。歴史を学ぶことは、現代社会の根底にある背景や価値観を知ることにもつながります。

哲学・倫理

哲学・倫理は、人間の行動や思考、倫理観に関する深い理解を養い、日々の判断や選択に対する洞察力を高めるために役立ちます。ビジネスの場では哲学者の名前など一般知識を求められることもあれば、倫理的な問題についての考察が必要となるケースもあります。

理科

理科はいわゆる自然科学と呼ばれる分野であり、一般常識においては物理、化学、生物という3つの主要分野が出題されます。これらの分野についての基本的な理解は、就職活動や大学生活だけでなく、社会人としての幅広い知識としても役立ちます。

物理

物理は、エネルギー、運動、力といった自然現象を扱う学問です。日常生活の中で起こるさまざまな現象を科学的に理解するための基礎となります。例えば、電気や熱、光といったものがどのように動作するかについての知識は、技術や工学といった分野での理解を深める上で欠かせません。

化学

化学は、物質の性質や変化に関する学問であり、私たちの生活や産業に密接に関わっています。日用品から食品、医薬品まで、化学反応によって生み出される製品は無数にあります。化学の基本的な理解は、これらの物質がどのようにして私たちの生活を支えているかを知るために重要です。

生物

生物は、生き物の構造や機能、生態系について学ぶ学問です。生物学の知識は、自然環境の保全や生物多様性の重要性を理解するにあたって不可欠です。また、医学や農学、環境科学など、生物学を基礎としたさまざまな応用分野での学習や研究にもつながります。

時事問題

就職活動における時事問題の重要性は特に高いと言えます。企業は、単に専門知識や技能だけでなく、世の中の動きに敏感で、広い視野を持った人材を求めています。面接や筆記試験で時事問題に関する質問が出されることも珍しくなく、これに適切に答えられるかどうかは、応募者の社会に対する関心や理解度を示すバロメーターとなります。

一般常識の重要性

就活ではテストや面接で問われる

企業は、学校教育で学んだ知識だけでなく、社会で起きている出来事に対する意識や、それらに基づいた自らの意見を持っているかどうかを評価します。そのため、時事問題に限らず幅広い分野にわたる一般常識を身につけておくことが、就職活動を成功させるための鍵となります。

大学の講義でも教養が必要になる

大学生活においても一般常識は重要です。大学での講義やゼミでは、専門的な知識だけでなく、幅広い分野に関する基礎的な教養が求められます。

コミュニケーションでも一般常識が重要

大学生活は人との出会いの場でもあり、多様なバックグラウンドを持つ学生や教員とのコミュニケーションが日常的に行われます。このような環境では、広い範囲の一般常識がスムーズな人間関係を築くための共通言語となり得ます。特に、グループワークやプレゼンテーション、ディスカッションといった場面では、多角的な視点から意見を交わすことが重要であり、一般常識はその土台となる知識です。

一般常識のテスト対策・勉強方法

一般常識のテスト対策書籍で学ぶ

一般常識について学習する際は、テスト対策用の書籍を活用するのがお勧めです。市販されている一般常識のテスト対策書は、国語、数学、英語、社会、理科、時事問題など幅広い分野を扱っており、各分野の基本から応用まで段階的に学習できるように構成されています。

これらの書籍は具体的な例題や過去問を交えながら解説しているため、実際のテストでどのような問題が出されるのか、どのように対策をすればいいのかを具体的に理解できます。また、定期的に改訂版が出版されるため、最新の情報を取り入れた学習が可能です。

スマホアプリで隙間時間に学習

一般常識学習用のスマホアプリを活用し、必要な知識を隙間時間に学ぶのもお勧めです。通勤や通学の移動時間、待ち時間など、日常生活内の空き時間を利用して効率的に学習を進められます。また、アプリの中には無料で提供されているものもあるため、手軽に学習できるのが魅力です。

一般常識を扱う学習アプリは、クイズ形式で楽しみながら知識を深められるものからより本格的なテスト対策に特化したものまで、自分の学習スタイルや目的に合わせて選ぶことが可能です。また、アプリによっては学習の進捗状況を管理する機能のほか、苦手分野を重点的に学習する機能が備わっているものもあり、自身の学習効率を最大化できます。

普段からニュースや新聞を見る習慣をつける

普段からニュースや新聞を見る習慣をつけておくのも大切です。日々のニュースや新聞を通じて、世界で何が起こっているのか、社会の動きはどう変化しているのかを知ることは、一般常識を深めるだけでなく視野を広げる上でも大きな価値があります。

ニュースや新聞を読むことの重要性は、ただ情報を得るだけではなく、その情報をどのように解釈し、考えるかという点にもあります。就職活動においても、面接での質問への回答やディスカッションで自分の意見を述べる際に大きな強みとなります。

まとめ

一般常識は就職活動や大学生活をはじめとする社会生活全般で必要とされる基本的な知識や教養です。これを身につけることは、自身の価値を高め、社会人としての基礎を固めることにつながります。日々の学習を通じて一般常識を深め、多様な分野にわたる知識を習得することは、将来にわたって活躍できる人材に成長していく土台となるでしょう。

パーソルキャリアの新卒採用エントリーはこちら!

パーソルキャリアは“人々に「はたらく」を自分のものにする力を”というミッションのもと、「doda(デューダ)」をはじめとする国内最大規模のHRサービス等、はたらく人と組織に関わる幅広い領域のサービスを展開している会社です。

社員一人ひとりが”キャリアオーナーシップ”を持って自分のキャリアを自ら切り開き、大手ならではのリソースを駆使しながらもベンチャーのような裁量権を持って顧客の本質的な課題を解決をしています。

  • ビジネス職、企画職、エンジニア職など希望する職種別に採用選考を実施中!
  • 気軽に就活対策、企業研究ができるイベントを多数開催中!

 

新卒採用サイトの説明画像