意外と見られている? 就活用メールアドレスで気をつけること


就活においてメールアドレスは、各社へのエントリーや就活サイトへの登録などに必須のものとなっています。現代の大学生ならメールアドレスは誰しもが持っているものですが、すでに使っているものをそのまま使うのは効率的ではありません。この記事では、就活に使うメールアドレスはどのように作るべきかを解説します。

就活用アドレスは普段使いと分ける

大事な情報を見逃さないように!

就職活動において、企業からのメールを見逃すのは絶対に防ぎたいところです。さまざまな連絡が来る既存のメールアドレスで採用エントリーをしてしまうと、大事な情報を見逃すことになりかねません。

効率よく整理するためにも、新規メールアドレスを作成して、就活関連の情報のみを管理しやすくするのがおすすめです。

また、就活が終わったあとも不要な就活関連メールが届くことがあるので、プライベートのアドレスで登録していると、いちいち退会処理を行う必要があります。後処理が楽という点でも、分けておくのが無難です。

あとから変更するのは避けたい

就活途中でメールアドレスを変更することもできますが、少々面倒な作業が伴います。就活サイトからエントリーした企業であれば、マイページからアドレスを変更すれば一括で対応できますが、直接HPからエントリーした企業だと、個別に変更したり、場合によっては電話などで連絡したりする必要が出てきます

最初から専用メールアドレスを作っておけば、困ることはありません。簡単でメリットも多いので、就活を始める人は早めに済ませてしまいましょう。

メールアドレスを作るときのポイント

新規作成や管理が楽なフリーメールを使うのがおすすめ

就活用のメールアドレスはすぐに作れて、スマホとも連携しやすいフリーメールサービスを使うのがおすすめです。PCでも確認しやすく、メールアカウントを作成することで各社のサービスも利用でき、多くのメリットがあります。

社会人、とりわけ採用担当者は、メールをPCでチェックします。スマホでもメール作成はできますが、レイアウトが分かりやすいPCでの作成がいいという意味でも、PCと同期しやすいメールサービスを使うのがいいでしょう。

フリーメールの例

  • Gmail
  • Yahoo!メール
  • Outlook
  • iCloudメール

フリーメールは多くの種類がありますが、日本国内で主に使われているものは上記の4種類となります。各サービスで特徴はありますが、基本的にはGmailもしくはYahoo!メールを使うのが分かりやすいです。

大学の専用メールアドレスもあり

大学から発行される@~.ac.jpのメールアドレスは、大学の在籍を証明するものでもあります。まれなケースですが、指定される場合もあるので、いざというときに困らないように普段から使えるようにしておきましょう。

就活用のメインアドレスとして利用することもできますが、機能面で物足りなかったり、卒業後に見られなくなったりするなどの不都合もあります。大学のメールアドレスはあくまでサブとして考えましょう。

キャリアメールは使わないほうがいい

携帯電話キャリアが提供している、キャリアメールを就活アドレスとして使うのは避けたほうがいいでしょう。

通知が分かりやすいというメリットはありますが、必要最低限の機能しかないため、こちらからメールを送る際にきれいな書式で書けないのが大きな問題点です。

また、キャリアメールは添付ファイルの容量制限が少なめになっています。企業からのメールが正しく受信できない、必要な情報が送信できないという問題につながる可能性もあります。

よいメールアドレスはどんなもの?

メールアドレスは採用担当の目につく

メールアドレスはささいなもので、誰も気にしないのでは……? と思う人もいるかもしれませんが、場合によっては第一印象につながるものでもあります。

変わったメールアドレスにしたところで、選考で不利になることはあっても有利になることはまずありません。選考に影響しないように、社会人らしくシンプルなアドレスを設定するのが無難です。

名前+数字4桁程度のシンプルなものが◎

  • Taro.Tanaka3097@~
  • T.Tanaka4876@~

メールアドレスは、自分の名前+4桁程度の数字で、シンプルに設定するのがおすすめです。

長すぎると覚えづらい上に、書いたり入力したりするときに大変です。一方で、アドレスが短過ぎると、かえって見る人にとって区別が付きにくいなどの不都合が起こり得ます。

末尾につける数字は生年月日か、学籍番号の一部などの自分が覚えやすいものだと理想的です。

”4649”などの語呂合わせでよく見る数字は、カジュアル過ぎる印象を与える可能性もあるので、使うのは控えましょう。またセキュリティーの観点から、パスワードに使うような数字は避けたほうがいいでしょう。

社会人らしくないものや、使いづらいものは避ける

メールアドレスに設定すべきでない文字列は、大きく分けて二つあります。一つ目は「社会人にそぐわないもの」、二つ目は「使いづらいもの」です。

社会人にそぐわないもの

  • Taro.drunker@~.
  • TarowithEmi.4ever@~.

一般的によい印象を持たれないものや、恋人の名前などが入ったプライベート感が強いアドレスは、社会人のアドレスとしては、あまりふさわしくありません。よほどでなければ悪影響にはなりませんが、選考が進んだ際に目につき、心象を損なう可能性があります。

使いづらいもの

  • vI438lh5GWvE3XF@~.
  • Taro.Tanaka-xxxuniv_economics…..@

メールアドレスは、自分が手書きしたり他人が入力したりすることがありますので、機能性が大事です。@以前が12文字程度で、読みやすいものにするのがおすすめです。ランダムな文字列や、極端に長いアドレスは避けましょう。

また、ハイフン( – )とアンダーバー( _ )のような、紙に書いた時に判別しづらい文字を入れるのも避けましょう。大事な連絡がメールアドレスの間違いで届かない事故につながる可能性があります。

アカウント名自体にも要注意!

フリーメールを使う場合、送信者として表示されるのはアカウントに登録された名前です。就活用にアカウントを取得する際は、きちんと本名で登録しましょう。

まとめ

  • 就活用メールアドレスは普段使いのものと分けること
  • メールアドレスは名前+数字で無難なものにすること

以上の2点が重要なポイントです。

就活時期は、毎日のようにメールを使うため、常に見やすく整理しやすい状態にしておくことが大切です。連絡の不通や行き違いを起こさない、あるいは採用担当者の心象を損なわないためにも、小さなことから意識してみましょう。