就活グループワークの突破法!進め方や発表するコツを解説


グループワークやディスカッションでうまく話せなかった、自分の力を発揮できなかったという経験はありますか?

今回は初めてグループワークに参加する人や、これまでのグループワークでうまくいかなかった経験がある人に向けて、グループワークの進め方や発表するコツなどをご紹介します。この記事を参考に、まずはグループワークに臨む際の心構えを身につけましょう。

グループワークとは

就活でのグループワークとは、企業が就活生を数人1組に分けて行う選考方法です。制限時間内に与えられたテーマに沿ってグループで話し合った議論の過程や内容、結論を評価する選考形式となります。最近ではオンラインで実施されることも多くなってきました。

グループワークとグループディスカッションの違い

グループワークと似たような言葉に、グループディスカッション(グルディス)があります。グループディスカッションは、グループワークよりも狭義的な意味合いで使われることが多く、短時間で討論をして結論を導き出す必要があり、個の力が試されやすい形式です。

一方、グループワークは、討論よりも協力して意見を出し合う側面が強く、グループで時間をかけて情報収集、発表資料の作成をするなど、協同する力が試されます。

グループワークの目的

企業がグループワークを選考に利用する目的をご存じでしょうか。グループワークの実践的な内容を知る前に、グループワークで意識すべきことを、目的から逆算して考えてみましょう。

短時間で多くの学生を求める人物像と合致しているか見極めるため

1つ目は、短時間に多くの学生を知り、見極めるためです。集団面接と同じように、グループワークでは一度に複数人を選考することができます。企業は限られた時間と機会で、多くの学生の中から、求める人物像と合致している学生を見極める必要があります。そのための手段として、効率よく多人数の選考が行えるグループワークを導入する企業が多いようです。

面接では測れない能力を見るため

2つ目は、面接では測れない能力を見るためです。課題に取り組む姿勢、論理的思考力やコミュニケーション能力などの実践的な能力は、面接やエントリーシートだけでは正確に評価できません。グループワークは、それらの能力を測る目的で実施されることが多いといえます。

つまり採用担当者は、学生が将来どのような働きぶりを見せてくれるか、グループワークを通じて疑似的に見ることで、選考の検討材料にしているというわけです。

グループワークを通して企業が見ているポイント

グループワークで高い評価を得るためには、企業が見ているポイントを理解しておく必要があります。それらを意識して行動し鍛えることで、企業から高い評価を受けやすくなるので、ぜひ参考にしてください。

リーダーシップ

議論や周囲を主体的にけん引する力として、リーダーシップの資質を見ています。チームのために主体的に行動できる力は社会人になっても重要です。初対面のメンバーが集まる中で、自分から周囲に働き掛けることはとても勇気の要ることですが、だからこそ自分から率先してできると評価につながります。

協同する力

チームワークを創造する力として、協同する力を見ています。協同する力はさまざまな力に分けられます。メンバーの発言を聞く傾聴力や、議論を発展させる発言力、疑問点に対して的確に問い掛けができる質問力、相手と駆け引きし最終的な折り合いをつけられる折衝力など、相手がいる場合に必要とされる能力に強みを持っていると高評価につながるでしょう。

思考力

テーマを論理的かつ構造的に捉え考える力として、思考力も見ています。グループワークでは、ただ発言が多ければ評価されるわけではありません。目立たずとも、的確に論理を進め、結論を導ける力も見極められています。

また、自分の考えや主張を頭ごなしにメンバーに押しつけるのではなく、自分の思考を相手に分かりやすく伝える説明力があると、さらに高い評価につながります。

グループワークの進め方

では、グループワークをどのように進めるのか、ご存じでしょうか。ここでは一般的なグループワークの進め方をご紹介します。

  1. テーマの発表
  2. 課題・目的の設定
  3. 意見・アイデアのブレスト
  4. 意見・アイデアの整理
  5. 結論を出す
  6. 発表の準備・練習
  7. 発表

企業やグループワークによって形式はさまざまですが、この流れを覚えておき、臨機応変に対応していきましょう。進め方については、チームと話し合った上で、時間配分を意識して進めるとスムーズに進行ができます。

後述するグループワークの「進め方のコツ」と併せて参考にしてください。

グループワークの役割

グループワークでは、役割分担をしたほうが進めやすい場面が多いといえます。どのようなタイプの人と同じグループになるのか分からないため、なるべくどの役割になっても務められるように、それぞれの役目について理解しておきましょう。

ファシリテーター(司会)

議論を円滑に進行させたり、メンバーの意見を引き出したり、結論へと導く役割がファシリテーターです。グループワークではそれぞれがアピールしたいために、さまざまな意見が飛び交います。それらを臨機応変にまとめて議論を進める力は評価されやすい一方で、うまく進行できなかったときには悪目立ちしやすい役割でもあります。

タイムキーパー

議論を予定通り進行するために、進め方や時間配分を考えたり、時間管理をしたりする役割がタイムキーパーです。ビジネスの場面と同様に、グループワークでも決められた時間内に成果を出すことが求められます。ただ時間管理をするだけでなく、予定時間を超過しそうな場合などに、時間配分の調整を判断する力や、メンバーに行動を促す発信力も必要となります。

書記

議論の内容を記録したり、論点ごとにまとめたりする役割が書記です。単に記録するだけでなく、振り返ったときに誰でも分かりやすく理解できるようにまとめる必要があります。また、論点がずれていた場合に気づきやすい立ち位置にいるため、状況を俯瞰的に整理し、論点の軌道修正をする力が求められる場合もあります。

発表者

議論の末に出た結論を代表して発表する役割が発表者です。結論を分かりやすく伝えるプレゼン力だけでなく、チームで出した結論を正しく理解する力も必要となります。チームを代表して発表するので、非常に責任感が求められる役割です。発表のコツについて、詳細は後述します。

グループワークを突破するための秘訣

最後に、グループワークを突破するための秘訣として、実践的な進め方のコツと発表のコツをそれぞれご紹介します。

初級者向けの内容となっているので、グループワークをやったことがない人や、まだ経験が浅い人はぜひ参考にしてくだい。

進め方のコツ

グループワークの経験がある人は、時間が足りなかったことや、チームでうまく話をまとめ切れなかったということが多いのではないでしょうか。そのような経験をした人に実践してほしいコツをご紹介します。

時間配分と役割を決めてから始める

議論を進める前に時間配分と役割を決めておくと、進行がスムーズになります。今何をすべき時間なのか、誰が何をすべきなのかなど、チームとして共通の認識を持つことで、メンバーとのすれ違いを減らすだけでなく、それぞれの負担を軽減することができます。

チームで課題の共通認識を持つ

与えられたテーマに対し、何について議論をするのかを明確にしなければ、議論が散らばり、無駄な時間が多くなってしまいます。議論を始める前に、課題の認識がずれていないかをチームでしっかりと確認してからスタートさせましょう。また、議論が脱線していると気づいたときには、そのことをいち早くメンバーに伝えることも重要です。

発表のコツ

続いては発表のコツです。グループワークでは発表する人が限られ、基本的には挙手制で決まることが多いようです。発表はチームの責任を担う分、積極性などが評価されるので進んで名乗り出ましょう。発表が得意ではないという人も、以下のコツを覚えておいてください。

結論は最初と最後に

発表の構成を意識すると、簡潔に伝わりやすくなります。その際のポイントが、結論を主張する位置です。発表の冒頭に結論を持ってくることで、何について話すのかが明確になり、その後の根拠(結論に至った理由)、そして締めの結論への説得力を高めます。

根拠や理由は具体的に示す

根拠や理由は具体性を伴うほど、説得力が増します。例えば、数値やデータを用いた根拠を示したり、結論に至った過程を具体的に示したりする方法があります。なるべく抽象的な言い回しや、自信がないような話し方にならないよう意識することが大切です。

まとめ

今回は就活グループワークの突破法について、初心者向けの進め方や発表するコツなどをご紹介しました。

グループワークはいろいろな役割を経験したり、時間配分を意識したりすることで、回数を重ねるうちに上達していきます。就活本番までに時間がある人は、インターンの選考やゼミなど、グループワークを練習できる環境に身を置いてみてはいかがでしょうか。

皆さんもぜひこの記事を参考に、グループワークに挑戦してみてください。

後悔をしないキャリアを歩みたいすべての大学生へ

10年後多くの選択肢をもつビジネスパーソンになるために、自己成長や就活についての知識や機会を提供しています!

  • 社会のトレンドやビジネスに対する理解が深まる
  • 楽しいだけではなく、学びのある大学生活にするための具体的方法がわかる
  • キャリア選択に関するノウハウを提供するので、将来はたらくことへの不安が解決する